まさの森・動物病院
MASA-no-MORI Pet Clinic
-石川県金沢市の動物病院-

まさの森動物病院は、犬猫、エキゾチックアニマル診療・予約診療・往診を行う石川県金沢市の動物病院です。

トップイメージ

HOME

小動物の症例紹介

自咬症のフクロモモンガ

0000006163.jpg
自咬症(自分で自分の体を咬んでしまう病気)で自分のしっぽを噛んでしまい、壊死をおこしかけていたので、この前しっぽの切断手術をしました。

手術は無事終わって、約2週間…

傷口を自分で噛んで開いてしまう危険性はありましたが、経過は良好!感染も起こさず、傷口はきれいにくっついてくれました。

驚いたことに、しっぽがなくなったのに体重が6gも増えていました。(フクロモモンガの体重はだいたい100g前後)
ストレスの一因だったしっぽの痛みなどがなくなって元気になったのかもしれませんね!

ハムスターの歯きり

0000006140.jpg
今日はハムスターちゃんが来院しました。
これは噛み合わせに不具合があるために、歯が内側に向かってのびてしまった子の写真です。


正常な歯であれば、ごはんの際に歯が擦れ、ちょうどいい長さに維持できるようになっています。
ところが、先天的な噛み合わせの不具合や、落下などの衝撃によって歯根が斜めになってしまう等の原因があると、ごはんを食べても上手に歯が削れてくれず、結果としてこの様になってしまうのです。

放っておくと歯が伸びて口の粘膜をつき刺し炎症をおこし、痛みからごはんも食べられなくなり、亡くなってしまうこともある怖い病気の一つです。
しかし、こういったケースでは定期的に歯きりを行うことで対応が可能です。
この子も元気に毎日過ごしてくれているようです。

当たり前のように、毎日元気にごはんを食べてくれること、いいうんちとおしっこをしてくれることは大切な健康のバロメーターなのです!

ネズミ捕りにかかったリスさん

0000006143.jpg
先日、シマリスさんが来院しました。

脱走した際に運悪く「ネズミ捕り」にかかってしまったそうです。

普段は鳴き声をあげないシマリスさんですが、この時は命の危機を感じたのでしょう。大きな声でキーキー鳴いたそうです。幸いにも、すぐに気づいた飼い主さんが必死の救出!

体中に粘着物が付き、ご自慢の尻尾の毛は抜けてしまいました。
ネズミさんにかなり似ていますね。
リスは漢字で書くと「栗鼠」ですから、よく似ているのも、いやに納得できますが。


事件後、必要以上の毛づくろいと粘着剤の影響で皮膚炎を起こしていたこともあり、先日、麻酔をかけて専用クレンジングを使い体表面の洗浄を行いました。
(粘着タイプのネズミ捕りの中には、毒物が含まれるものもありますので、ご注意ください。)

これで随分さっぱりしたでしょうか。

それにしても、毎回、小さな動物の麻酔は本当に神経を使います。
ちょっとした加減で呼吸が止まることもあるので、処置をしながら常に呼吸状態の確認をします。

これから1月ほどかけて、皮膚の炎症がひき、新しい毛が生えてくれるのを待つばかりです。
早くリスらしいリスさんに戻って欲しいです。

結膜炎のハムスター

0000006145.png
先日、ハムスターさんが来院しました。

片方の目が開かなくなってしまって、食欲も落ちている、という主訴で来院されたのですが、確かに片方の目が赤くなり膨れています。

結膜炎であったため、治療法は目薬の投与としました。しかし、相手は小さなハムスターさんですから、的確に目薬をさすのはちょっとコツが必要です。

的確で安全に目薬をさすために、飼い主さんには病院で練習して頂きました。
「なんとか頑張ってみます」とちょっと不安そうな飼い主さんでしたが、その後自宅で一生懸命頑張ってくれたようで、ハムスターさんの目は綺麗に治っています。
食欲も戻り元気に過ごしているとのことで嬉しい限りです。

ハリネズミさんのお話

0000006150.jpg
先日ハリネズミさんが来院されました。
この子はヨツユビハリネズミという比較的小さな品種のハリネズミさんです。
ヨツユビハリネズミの平均体重は500g〜700gとされていますが、この子は約750g!圧巻のサイズです。
多少ぽっちゃり体型ですが元々の骨格も大柄なので、健康状態は何の問題もなく良好でした(皮膚検査及び便検査済み)。

ヨツユビハリネズミは、アフリカから来た動物です。
アフリカと日本では環境が全く違うため、日本の環境下では生存できないと考えられていました。ところが、近年日本の自然に帰化してしまったハリネズミが報告されています(自力で生きているということ)。

そのため、現在ハリネズミは特定外来種に指定されており、決して野に放ったりしてはいけないのです。
元々日本にいた動物ではないものが、日本の自然界で繁殖することがあると、日本元来の生態系が崩れ、土着の生物が減ってしまい、しいては日本特有の希少な生物の絶滅に繋がるという事も起こりえるのです。

ということは、逆に言えば、基本的にペットとして輸入販売されている外来種の動物というのは「日本の自然界では生きて行けない」ということなのです。
飼育すると決めたら最期まで大切にお世話しなければ、彼らに明日はないのです。また、うっかり脱走してしまうことの無いように注意してあげなくてはいけないですね。

もちろん、特定外来種に限らず、ペットを野に放ってはいけないのは当然のことです。

とにかく、
昨年の11末に開院して以来、何匹かのハリネズミさんが来られましたが、この子はダントツ大きな子でした。

体格の大きさに加え少々ふくよかなため、回し車から若干はみ出している、とのことです。
今回はお顔がうつせませんでしたが、次に会うときにはお顔を写真におさめたいなと思います。

チンチラの細菌性結膜炎

0000006153.png
お久しぶりです。
しばらくぶりの診療日誌になりますね。
兼六園の桜も一斉に咲き誇り、まさに春爛漫ですね。
昨日まではそんなそぶりもなかった枝先から若葉が急に芽を出し、あっという間に青々とした葉を広げています。
そして病院には、気候や気圧の変化で体調を崩したワンちゃん、猫ちゃん、ウサギさん、フェレットさんなど多くの動物たちが来院されています。

そんな中、当院スタッフのチンチラ「たうたう」も季節の変わり目に体調を崩してしまいました。
たうたうは御歳10歳になる高齢のチンチラです。
いつも通り、夜になると元気に駆け回るのですが、2〜3日前から目が腫れてしまいました。
目の不調もあってか食欲も若干減退ぎみです。
細菌性結膜炎のようです。

毎日の目薬に加え、脱水ぎみだったので点滴で水分を補い、体内の循環状態をよくしてあげたところ順調に回復しました。あとは毛が生えるのを待つだけです。
たうたうは無事治癒してくれましたが、今回の事態を軽く受け止めることは出来ません。なんといっても「たうたう」はいい歳なのですから。。。

加齢に伴い、若い頃にはなかった事が色々と起こるようになります。それが自然なことであり、避けようのない死への道のりだと思います。
動物と暮らすという事は、いずれ見送る立場に立つという事を意味します。
「一緒に生きている日々」「その存在」を心に刻み、悔いの残らない暮らしをしたいものです。

スローロリスの腫瘍切除 〜ロリスの涙〜

0000006155.jpg
今日もまさの森•動物病院には色々な動物たちが訪れました。

さて、今日の症例は、珍獣スローロリスさん(ゆっくり動くお猿さんの一種です)の腫瘍切除のお話です。

スローロリスは現在、地球にとって稀少な動物種であるためワシントン条約で最も保護レベルの高い「サイテス1」に分類されている動物です。
(もちろん、飼い主さんは飼育許可を得ていますのでご安心ください。)
動物園など限られた場所で彼らに出会う事はできますが、町で出くわす事はまずないでしょう。会えたら超ラッキーです。(まさの森•動物病院では会えますよ)

今日お話するロリスさんは、以前から熱心に健康診断に来院してくださっていました。
今回は顎のデキモノで来院されたのですが、見てみるとまだ小さく「大きめのニキビ」という程度でした。
しかし、念のために細胞検査をしたところ、このデキモノは「肥満細胞腫」の疑いが濃厚でした。

肥満細胞腫は肥満の子に出来るという意味ではありません。
肥満細胞腫には、良性のものと悪性のものがあるのですが、犬における肥満細胞腫は、ほぼ100%悪性です。
ロリスさんたちにおける肥満細胞腫が悪性である確率がどの程度かは、データが少ないため判断は「安牌をとる」というのが無難だと考えます。

もし良性のものなら「オデキが消えてすっきり」ですし、悪性のものなら早期発見早期治療が鉄則です。

手術は無事に終了。摘出した細胞を検査に出すかはまだ決定していませんが、良性であることを祈ります。
今回の早期摘出を可能にした要因は、一重に「飼い主さんの愛情!」です。
じっくりと日々観察しているから、異変にすぐに気付けるのです。

飼い主さんはある時こういっていました。
「この子が元気に長生きして欲しい。ただ、ただ、それだけを願っているんだ」と。

今日の術後、麻酔からぼんやりと目を覚ましたロリスさんは、みるみるうちに目が涙目になり、しまいには大粒の涙が両目からポロリとこぼれ落ちました。僕も妻も長くロリスを飼育していますし、麻酔や手術も経験がありますが、「ロリスの涙」は今回初めて見ました。

動物は痛みや苦痛にさらされても、普通「涙を流す」という行動はみられません。
身に覚えがないのに知らない所に居る上に顎も痛くて、心細くなったのでしょうか?
「おとうさぁん。。。」と飼い主さんを思って泣いているような表情でした。

人間の赤ちゃんのような動きや表情をするロリスたち。
涙を流すなんて、心の感じ方も人と似ているのだろうか。

フクロモモンガの去勢手術

0000006164.png
今日のお話は、フクロモモンガさんの去勢手術のお話です。

今回ご紹介するのは、オスのモモンガさんで、来院時すでに自咬症を発症していた子です。(自咬症とは、文字通り自分で自分を傷つけてしまう症状です。軽度のものから重度のものまであり、重度の場合はこれが引き金となり細菌感染や出血死などする場合があります。)

一度発症すると、まず治らないといわれる厄介な病気「自咬症」。
この発症原因はまだはっきりと分かっていませんし、同時に治療法も確立されていません。しかし、一説には去勢手術が自咬症に一定の予防効果があるとする説 があります。これに関して、科学的根拠は示されていないため「ホンマでっか?!」という気持ちで読んで頂ければと思うのですが、臨床的感覚として理解でき る部分があります。
というのも、自然界で暮すモモンガは、ハーレム(1匹のオスと複数のメスからなる集団)を形成して繁殖を繰り返す生き物だからです。
飼育環境下では、交尾ができない状況が間々ありますが、これがオスのモモンガにとっては大きなストレスとなると考えられるからです。

自咬症は、命を落とす可能性のある恐い病気です。
オスのモモンガを飼育しておられる皆さん。知っていて損な事はないので、このお話を頭の片隅に入れておいてもいいかしれませんね。

※写真の子は今回手術した子ではありません。我が家のオスのモモンガくんです。

ハムスターの乳腺腫瘍

0000006165.png
今日のお話は、お腹に大きな腫瘍のあるジャンガリアンハムスターさんのお話です。

この子は、お腹の腫瘍を主訴として来院されました。
ハムスターさんの体長はおよそ6㎝ほど。対してお腹の腫瘍は直径2㎝ほど。
他の動物病院では「摘出手術は不可能」といわれたそうです。

確かに、腫瘍のサイズも大きく尿道も近い場所にありました。

これだけ大きな腫瘍だと、当然出血量も増えることが予想されます。しかしハムスターのような小さな体の子は、輸血が非常に困難なのです。
しかも彼らの出血量の安全域は、おおよそ1ccといわれており、ほんの少しの量が命に関わる量なのです。
そんなわけで、この子の手術は非常に繊細さを要する手術となりました。

手術は無事終了。

体重約40gに対して、腫瘍の重さは4g!
単純計算できるものではありませんが、イメージとしては60kgの人間のお腹に6kgの腫瘍を抱えていたようなものです。とんでもなく大きな腫瘍ですよね。

また、小動物たちの術後管理の難しさは、ワンちゃん猫ちゃん以上のものがあります。
よくある事なのですが、この子も手術した場所をかじって糸を何度かとってしまい、その度に縫い直しました。ナイロン糸はダメだという事で最終的にはステンレスの糸で縫い付けました。

しかし驚異的な回復力と生命力で、感染もおこさず今では傷口はきれいにくっついています。ここまで来れば、一件落着です。

抜糸の日、飼い主さんの息子さんも一緒に来てくれました。
その少年は帰り際に「ありがとうございました!」と、元気よく僕らに御礼を言ってくれました。
その嬉しそうな姿に、僕らもまた元気をもらったのでした。

デグーマウスの真菌感染症

マウス
今日は真菌感染症のデグーマウスさんのお話をします。

この子は、ねずみの仲間「デグーマウス」の子どもで生後1ヶ月です。体重は35gと小さく、まだ手のひらサイズの幼体です。

最近痒がるようになり、皮膚も炎症をおこし、毛も抜け始めています。
原因は真菌。どこにでも存在するカビの一種なのですが、幼少期や老齢や病気などで免疫力が低下すると、カビが増殖し悪さし始めるのです。

治療は抗真菌剤の内服です。
塗り薬だと、動物たちはすぐに舐めてしまうため治療効果が思うように得られない場合があります。

使用するお薬は人間用に開発された薬剤を用いるため、電子天秤で.00まで計量しながら調剤していきます。

初診から2週間。
荒れていた皮膚は綺麗に治り、もう毛が生えてきました。

小さなデグーさんの生活は痒みから解放され快適になったことでしょう。

ハリネズミさんの腫瘍切除

ハリネズミ
まさの森•動物病院では、先日ハリネズミさんの腫瘍の切除術がありました。

犬や猫などのサイズの動物に関しては、術中、器官挿管して麻酔と呼吸の管理を行います。しかし、ハリネズミさんやハムスターさん、鳥さんなどの動物たちは器官挿管せずにガスマスクによる麻酔と呼吸の管理をしながらの手術をします。

今回のハリネズミさんも麻酔ガスの充満したケースに入り、しばらくすると夢の中。ぐっすり寝ているのを確認して、手術開始です。

まずは腫瘍周辺の毛刈りをするのですがハリネズミの毛は皆さんご存知の通り、固い針でできています。
腫瘍の周辺の針を一本一本、小さなペンチで根元から切り取っていきます。
その後消毒を済ませ、切除に移ります。
今回の腫瘍は、皮下の小さな腫瘍だったので30分もかかりませんでした。

麻酔から覚めると、いつものようにしっかりと丸まって鉄壁のディフェンスポーズをとっていました。

犬や猫みたいに普段から体を撫でたりしてコミュニケーションをとる訳ではないうえに、針で隠れてしまうような大きさの出来物だったので、日頃からよく観察している飼い主さんなのでしょうね。
小さなうちに発見し、手術できたことは不幸中の幸いです。

これからも元気に長生きして欲しいです。

フェレットの非上皮系腫瘍切除

フェレット
まさの森?動物病院では、脇と足に腫瘍のあるフェレットさんの手術が行われました。
7才の高齢フェレットさんなのですが、脇の腫瘍が大きくなりすぎて、今や歩行時に腫瘍が床に擦れるようになってきました。肩の付け根から肘のあたりまで腫瘍が広がっていました。
このままでは、じきに皮膚が破れて膿んで、、、という悪循環を引き起こします。

一方、足の腫瘍は水風船のようなもので、鶉の卵よりちょっと大きいくらいのサイズでした。

手術はおよそ1時間で無事終了しました。
術後すぐは大きな傷で痛々しかったのですが抜糸の頃にはうっすらと毛も生え始めており、順調に回復しているようでした。

皆さんご存知の通り、腫瘍には放っておいても問題のない「良性のもの」もあれば、小さくても、すぐに摘出した方がよい「悪性のもの」もあります。
腫瘍の成長するスピードもそれぞれです。手術する場合、小さいうちの方が体に対する負担や手術のリスクは抑えられますので、小さなポチを見つけたら、念のために早めの受診をオススメしますよ。

みんなのウサギさんは大丈夫ですか? ウサギさんの不正咬合

ウサギ
今日のお話は、ウサギさんの不正咬合です。

歯並びがバラバラになる「不正咬合」は、ウサギ、ハムスター、リスなどの「げっ歯類」全般でおこる場合があります。
今回のウサギさんの写真の通り、バラバラに生えた歯は削られる事なく好き勝手に伸びて行ってしまいます。
この子の場合、歯茎に歯が突き刺さる寸前で処置ができて幸いでしたが、中には歯茎を突き刺してしまっている場合もあります。

そもそも、
げっ歯類の歯は、僕たち人間とは少し違います。
生涯歯が伸び続けます。一方で、毎日固いものをかじったりすり潰すので、歯がどんどん削られていきます。

歯の伸びるスピードと歯が削れて行くスピードのバランスが良好であれば、歯は一定の長さに保たれます。ところが、飼育下で、柔らかい食事ばかりとったり、逆にゲージなど固すぎるものをかじることによって、歯の生える方向がバラバラになってしまうことがあります。

変な方向に伸びた歯は、うまく削られる事がなく、どんどん伸びて行ってしまいます。しまいに歯茎を突き刺してしまうことに、、、、ううっ考えただけで痛いですよね。

そうなると当然食欲の低下が起こり、栄養面や細菌感染など様々な問題が起こり、命は危機的状況にさらされることになります。

そういうわけで、不正咬合のげっ歯類の動物たちには、定期的な「歯きり」が必要です。歯は人間でいうところの爪に似ているでしょうか。
伸びすぎたところは切っても痛くありませんのでご安心を。

定期的な歯きりさえ続ければ、不正咬合で命を落とす事はありません。

みなさんも一度おうちのウサギさんやハムスターさんの歯をよーく見てみてくださいね。

頬袋がでてしまったハムスターさん

ハムスター
今回ご紹介するのは、頬袋がでてしまったハムスターさんをご紹介します。

ハムスターさんにはご飯を貯めておくことができる“頬袋”が口の中にあります(他の動物でいうとリスさんでも良く知られていると思います)
この頬袋が反転して口の端っこから出てしまったのです(写真)。出てしまった頬袋はまるで“こぶとりじいさん”にでてくる“こぶ”のようです。その煩わしさからしきりになめたり、ひっぱったりしています。

こんなふうに反転して頬袋が出てしまう原因はいくつかあります。
一番多いのは感染です。尖った食べ物が頬に突き刺さって化膿したり、さらに自分で咬んでしまってひどくなったり。
その他にも頬に腫瘍が出来た場合でも出ることがあります。

問題の治療なんですが、
1. 押し戻して温存する方法
2. 外科的に切除する方法
があります。
今回のハムさんは元に戻すのが困難で外科的に切除しました。

昔話の“こぶとりじいさん”みたいに簡単に取ることはできません。