まさの森・動物病院
MASA-no-MORI Pet Clinic
-石川県金沢市の動物病院-

まさの森動物病院は、犬猫、エキゾチックアニマル診療・予約診療・往診を行う石川県金沢市の動物病院です。

トップイメージ

HOME

犬の症例紹介

トイプードルの歯石除去

0000006161.jpg
本日、うちのアニマルスタッフの「そよかぜ(トイプードル)」♀の歯石除去をしました。
まだ4歳と若いので、そんなにひどい汚れではなかったので30分もあれば十分でした。
口臭が気になる子、歯石がひどい子はまさの森・動物病院にご相談下さい!!

可愛い患者さん 〜ペキニーズ〜

0000006151.jpg
本日、真っ白の可愛い赤ちゃんが、、、ではなく真っ白の可愛いペキニーズ犬が来院されました。

来院前日の晩から、急に元気がなくなり食欲も激減したそうです。
熱をはかったところ、やはり熱もありました。
普段ならトイレでちゃんと排泄する子が、この日は初めてハウスの中で排泄してしまい、相当調子が悪いのだと察することができました。

ちょうど車が使えなかったため、飼い主さんがこうして暖かくして徒歩にてご来院されました。

ペキニーズという犬種は、大きな目に低い鼻、体つきはどちらかと言えば「ずんぐりむっくり」で、会えば会うほどクセになる可愛さがあります。
本来なら目と鼻の間に皺があるのですが、この子は皺から生えた毛が目に刺さり、慢性的に眼病を引き起こしていたので、以前皺の切除をしました。
そのため、少しシャープな印象のペキニーズさんですね。

急な体長不良から来院されたのですが、後日、飼い主さんから「大変元気になり、食欲も戻りました」と、お礼のお電話を頂きました。
こうしたご報告を頂けると、とても嬉しい気持ちになります。

愛する家族が病気になると、誰しもが不安になるものですが、そんな時に出来る限り、患者さんと一緒に考え、一緒に動物のために出来る事をする。
そうことが実現できる病院でありたいと思っています。

甲状腺機能低下症のゴールデンレトリーバー

0000006152.png
先日、ひどい血便を主訴に、ゴールデンレトリーバーさんが来院されました。
写真左をご覧頂くとわかるように、背中、喉の毛が抜けています。写真では分かりにくいのですが、全身のアンダーコートが殆ど抜けおちていました。尻尾も大きなネズミさんのようになっていました。

いくつかの検査をした結果「甲状腺機能低下症」という病気であることがわかりました。
この病気は、高齢の犬に比較的多く見られます。主な症状はなんとなく元気がない、鼻の頭、背中、尾の脱毛、つやのないごわごわな毛、貧血、低体温、顔面神経麻痺などいろいろな症状をしめします。
ここ最近は元気も食欲もなく、年のせいかしら??と思って諦めている方もちらほら。実はこの病気で治療法があるのを知らないかたも多いように思います。
こんなもんだ…と自己完結しないで、一度病院に連れてきてあげてください。

この日から投薬を頑張ってもらった結果、これまで諦めていたフワフワのアンダーコートが生えてきたではありませんか。
ゴールデンレトーリーバーらしい、豊かな毛並みになってきました。

飼い主さんは
「前はお風呂に入れてもすぐに乾いたのに、最近は乾くのに時間がかかっちゃっうわ♪」
と、とっても嬉しそうにお話されました。

室内飼育の大型犬は健康であったとしてもお世話が大変なのに、疾病に伴う様々な症状に付き合うことは並大抵のことではありません。
深い愛情と絆ががなければなし得ない、大変な苦労なのです。

お腹のなかにカタマリが・・・

わんちゃん
今日ご紹介するのはお腹の中に何かポコポコした塊があったわんちゃんをご紹介します。

わんちゃんでお腹を触診したときに、触ってすぐにわかるほどの大きさの物がある場合、比較的よくみられるケースとして以下のいくつかの可能性が考えられます。
1. 腫瘍
2. 変なものを食べた
3. 膀胱(おしっこがつまってしまった時)
4. 妊娠
5. 子宮蓄膿症
など。

今回のわんちゃんは他の病院で原因がわからず入院治療したものの改善も無く、その当時ご飯も食べれず当院に来院されました。触診してお腹の中に“何か”あることがわかり、血液検査、レントゲン検査、エコー検査を実施しました。
その結果、子宮蓄膿症だということがわかりました。
子宮蓄膿症とは、文字通り子宮の中に膿が貯まってしまう病気で発見が遅れてしまうと子宮破裂することもあり命に関わることもある怖い病気の一つです。
今回のわんちゃんは飼い主さんが異変を感じてから、診断に至るまでかなりの時間が経っており、一刻を争いました。その日の夜に手術をして外科的に子宮と卵巣を全部摘出することになりました。
3kg弱のチワワさんでしたが、かなりパンパンに大きくなった子宮の中には膿がいっぱいに・・・後で計ると約300gも重さがありました。

手術は無事成功!

手術の次の日にはご飯を食べるようになり、手術後の経過も良好で四日目には退院することができました!

トイ・プードルの前足骨折

レントゲン
今回ご紹介するのは前足を骨折してしまったトイ・プードルさんのお話です。

トイ・プードルという犬種はとても活発でぴょんぴょんとジャンプしたり運動量も多く、その愛嬌ある動きとぬいぐるみのような風貌から依然として高い人気を得ています。時にはその活発な動きが問題となり、高いところから飛び降りたときに前足を骨折してしまう子がいます。

今回の子も少し高いところから飛び降りたときに、キャイン!と鳴いた後、前足が着かない歩行になってしまったようです。レントゲン検査をしてみると、左前足の骨(橈骨と尺骨)が折れてしまっていました。
骨折の治療法は大きく分けて2種類あります。
1. 手術をして骨折した場所に金属の板とネジを入れて固定する方法
2. ギブスと包帯で骨折した場所を固定する方法

どちらも一長一短があり、状況に応じて選択します。
今回は骨のずれが少ないことと飼い主さんの希望もあり2番目の方法を実施しました。骨がくっつくのに成長期では約1ヶ月〜2ヶ月かかります。
最初は不安な所もありましたが、無事きれいに骨はくっつきました!
今では全く普通に生活しており、この前もフィラリアの予防にこられたとき陽気に待合室を歩いていました。

胃捻転予防術と去勢手術

グレートデーン
先日、当院の看板犬であるグレートデーンの頼丸の、胃捻転予防術と去勢手術が行われました。

11ヶ月とはいえ、体重は63kgですから、3人がかりで実施しました。
体は手術台からはみ出んばかりの勢いでした。

さて、今回行われた「胃捻転予防術」とは、胃が捻れて閉塞する病気を予防するための手術です。
ワンちゃんの胃は溝落ちの辺りの「背中の側」にあるのですが、何かの拍子に背中にある胃がお腹の溝落の方へ捻れて落ちてしまうことがあり、これを胃捻転といいます。
胃捻転の症状としては、嘔吐、苦しがる、ぐったりする、便が出ないなどの症状があります。

気付かずにいると、捻れて閉塞した組織が血流不全になり惨い苦しみを伴います。そして発見が遅れると命を落とす確率の高い病気の一つです。

当院の頼丸は、ブリーダーさんから譲り受ける際に、2〜3才時に胃捻転によって亡くなってしまうケースが少なくないため、胃捻転の予防術を薦められていました。

開腹手術ですので、傷口が痛々しいですが、本人は至って元気です
術後は家族と一緒に過ごし、経過は順調。これで頼丸を胃捻転で亡くす心配はなくなりました。

これからも元気に過ごし、長生きして欲しいものです。
ともかく、頼丸、御疲れ様!!よく頑張ったね!!

ダックスフンドの頸椎椎間板ヘルニア

20160523

今回ご紹介するのは、急に右前足がうまく使えなくなったダックスフンドさんのお話です。
動画はこちら

以前にも、腰椎椎間板ヘルニアの症例をご紹介しました。急に後ろ足が動かなくなったり、立てなくなったり・・・手術で良くなったもの、手術ではなく内科的治療でよくなったものなどをご紹介しました。

今回の症例は腰椎(腰の部分の背骨)ではなく、頸椎(首の骨)で椎間板ヘルニアが起こってしまったようです。

動画をご覧になったように、右前足がうまく前に運べず、後ろにひっくり返っており、顎でなんとか立ち上がろう、歩こうとしています。

いくつかの神経学的検査から頸椎の1-5番目のいずれかに位置する脊髄神経に障害が出ており、重症度としては5段階中2というところでした。

この段階なら内科的治療法で良くなる可能性も高く、入院による絶対安静で内科的治療法を開始しました。
 

治療を開始して1週間。
動画はこちら

まだ、完全とまではいかないものの、普段の生活には支障のないレベルにまで歩行状態は改善してくれました!

とりあえず、もうしばらく安静期間をお願いして自宅での治療に切り替える事ができました。

ダックスフンドで起こる椎間板ヘルニアのそのほとんどは胸腰部で起こります。
また、他の犬種を含めてみても同様に胸腰部で80%、頸部で15%となっております。ちなみに、頚部で起こる椎間板ヘルニアとしてはシーズーやペキニーズ、ビーグルで比較的多くみられるようです(これらの犬種では胸腰部より頚部の方が多い)。

ダックスフンドは軟骨異栄養性犬種に該当し椎間板ヘルニアの発症率は40-50%ともされています。また、再発率も高く今後の予防がとても重要となってきます。

具体的な予防法としては、縦にジャンプする癖のある場合、四足歩行の動物ではダイレクトに背骨に衝撃が伝わり、クッションとなる椎間板が破れやすくなります。肥満にさせないことはもちろん、ソファーなどの高いところからの飛び降りは控えるべきです。
また、背骨をとりまく靭帯や筋肉も直接背骨にかかる負担をかなり軽減してくれています。従って、ある程度状態が安定したら適度な運動でしなやかな筋肉をつけることも必要になってくると思います。


マダニの感染にご注意!!

20160521

「家では本当におりこうで、うちの子に限ってそんな危ないところに出入りするはずが・・・」

お散歩コースで草むらがある場合はご注意ください。

案外、身の回りにマダニは潜んでいます・・・

うちの子に限って・・・その油断、大丈夫ですか?

もし、マダニに噛まれたら、自宅で無理に引っ張ってはダメです。
痛がることがあったり、マダニの頭部が皮膚に残ってしまうことがあります。

動画のように、簡単に、そして確実に頭部を残さずにマダニを除去する方法があります。
動画はこちら

マダニに噛まれたら、当院に受診してください。

そして、噛まれてからの対処より、予防をオススメします!


犬の膀胱結石

20160326

今回ご紹介するのは、わんちゃんの膀胱結石のお話です。

犬にも猫にも膀胱結石があります。これまでにも、ウサギやモルモット、チンチラなどいくつかの動物での膀胱結石をご紹介してきました。
当然、人間にもあります。

結石の成分はそれぞれ異なり、犬や猫の場合、8割以上はストルバイト(リン酸マグネシウムアンモニウム)とシュウ酸カルシウムのどちらかだと言われています。それに対して、人間ではシュウ酸カルシウムがほとんどだと言われています。

結石が出来てしまう原因は人間で分かっていることほとではありませんが、いくつかあって、食餌の影響、膀胱内の感染症、その子の代謝の問題などが挙げられます。

今回のわんちゃんは、おそらく体質なんでしょうか、以前より市販食では尿中に結晶が形成されてしまうことがわかって、療法食を食べていました。それにも関わらず、レントゲン検査で膀胱内に10個程度の大きな膀胱結石が形成されてしまいました。

食餌療法で溶かすこと治療もありましたが、相談の結果、外科的に摘出することになりました。人の治療でやられているように体外から衝撃波を与えて粉砕する方法がとれないので、開腹手術で摘出するのが一般的です。

膀胱結石は取り除いておしまいっていう病気じゃないので、予防こそが重要な命題となっております。結石分析して適切な食餌を続けていきましょう。


グレートデンの胃拡張捻転症候群

20160312

今回ご紹介するのは、胃がお腹の中でひっくり返ったグレートデンさんのお話です。

この病気は大型犬や超大型犬で比較的一般的にみられる急性疾患で、致死率は高いとされています。胃の中にガスが異常に貯まってしまって、運動などが原因となり胃がひっくり返って(胃捻転)ねじれてしまいます。

そうなると胃も大変なことになりますが、その周辺にある臓器、脾臓や消化管にも問題が起こったり、門脈や後大静脈などの太い血管が拡張した胃で圧迫されて虚血や低酸素、不整脈がみられることもあり、そうなると致命的になることも多いのです。

そういった理由から大型犬や超大型犬は、胃拡張捻転の予防的手術を避妊や去勢手術と一緒に行う事もあります。うちの頼丸も去勢手術のときに、一緒に胃を腹壁に固定する手術をして胃がひっくり返りにくいようにしてあります。

今回のグレートデンさんは急にぐったりしてご飯もたべず、嘔吐のしぐさをして苦しそうだという事で来院されました。お腹がポンポンに膨れています・・・。レントゲン検査をしてみると、胃の中にガスが充満しており、胃の出口が反対側に位置していました。

やはり、胃拡張捻転症候群でした。
こうなると、緊急手術です!

すぐに開腹手術して、胃と十二指腸を正しい位置に整復したのち、再発予防のために腹壁に胃の一部を固定しました。

手術はうまくいって、術後の経過も良好です。早期発見できたので、大事にはいたらなかったようです。良かったです。

柴犬の子宮蓄膿症

20160113

今回ご紹介するのは、子宮に膿が貯まってしまった柴犬さんのお話です。

子宮に膿が貯まってしまう病気、子宮蓄膿症といいます。これまでカメやセキセイインコ、ハムスターやハリネズミさんなどでも同じ手術、卵巣と子宮の摘出手術してきましたが、ここまでギリギリの状態で手術をしたのは初めてといっていいぐらい、リスキーな手術となりました。

まずは来院当初の、すべてを諦めてしまったような悲しい目をした柴犬さんの様子をご覧下さい。すべての検査および処置にも無抵抗、なすがままでした。
動画はこちら

エコー検査、細胞診、血液検査の結果などから子宮蓄膿症と診断されました。
さらに良くない事に、急性腎不全を合併して重度の脱水と高カリウム血症がみられました。

とても危険な状態ではありましたが、ある程度輸液をして少しでも状態が改善した後、手術をするしか助かる可能性が考えられませんでした。

麻酔の導入時、心拍数と血圧がみるみる低下していきました。
「これは非常にまずい・・・」
もう手術どころではありませんでした。
すぐに麻酔を中止して、アトロピン(心拍数をあげる注射)とドパミン(血圧をあげる注射)をしてまずはバイタルの安定化を第一にできることをしました。

しかしながら、無情にも心拍数は40と危機的状況・・・血圧も測定不可能なくらい下がってしまっています。
 

その後輸液をどんどん追加して、徐々にバイタルが改善してきました!
とにかく、このこの生命力にかけてやるしかない・・・そう覚悟を決めてお腹を開けたとたん・・

また心拍数と血圧が一気に低下して、最初の危機的状況に戻ってしまいました。
お腹の中には、破裂寸前にまでパンパンに腫れた子宮がありました。開腹したせいで、腹圧が一気に下がって血圧が下がってしまったのかもしれません。またしても麻酔を切って、バイタルの改善に全力を注ぎながら平行して手術を進めていきます。麻酔をしていなくても、覚める気配はありません。不整脈も出始めました。

「手術中だけどもう、危篤状態にあることを飼い主さんに電話しなきゃ・・」

飼い主さんとこの子の入院と手術の手続きをした後の別れ際、
「また後でね、元気になって帰っておいで・・・」
そうこの子に言い残して帰られました。

その想いに応えられずに、この残念なお知らせをしなければならない・・・自分の中でも気持ちの整理が出来ないでいた時、

「先生、自発呼吸が再開しました!心拍も戻ってきました!」
肝臓の腫瘍切除でも頑張ってくれた優秀なスタッフがいち早くその変化に気がつき、適切な対処をしてくれたのです。

その後は、とても順調に事が進み、無事手術が終わり、麻酔からも正常に覚醒してくれました。すぐに飼い主さんに一報をいれます。
「手術は無事終わりました。危ない所でしたが、本当によく頑張ってくれました。術後の経過次第ですが、一番の山場は越えたと思います」

 

それからはみるみる元気になって、次の日には約1週間ぶりの食餌をしてくれました。

急性腎不全もほぼ正常にまで改善、約1週間の入院で無事退院の日を迎えることができました!
動画はこちら

今回はとても運がよかった・・・僕はそう思います。

子宮蓄膿症は発見が遅れると死んでしまう、非常に怖い病気の一つです。できれば若いうちに避妊手術をして病気の予防に心がけていただけると幸いです。