まさの森・動物病院
MASA-no-MORI Pet Clinic
-石川県金沢市の動物病院-

まさの森動物病院は、犬猫、エキゾチックアニマル診療・予約診療・往診を行う石川県金沢市の動物病院です。

トップイメージ

HOME

サルの症例紹介

スローロリスの腫瘍切除 〜ロリスの涙〜

0000006155.jpg
今日もまさの森•動物病院には色々な動物たちが訪れました。

さて、今日の症例は、珍獣スローロリスさん(ゆっくり動くお猿さんの一種です)の腫瘍切除のお話です。

スローロリスは現在、地球にとって稀少な動物種であるためワシントン条約で最も保護レベルの高い「サイテス1」に分類されている動物です。
(もちろん、飼い主さんは飼育許可を得ていますのでご安心ください。)
動物園など限られた場所で彼らに出会う事はできますが、町で出くわす事はまずないでしょう。会えたら超ラッキーです。(まさの森•動物病院では会えますよ)

今日お話するロリスさんは、以前から熱心に健康診断に来院してくださっていました。
今回は顎のデキモノで来院されたのですが、見てみるとまだ小さく「大きめのニキビ」という程度でした。
しかし、念のために細胞検査をしたところ、このデキモノは「肥満細胞腫」の疑いが濃厚でした。

肥満細胞腫は肥満の子に出来るという意味ではありません。
肥満細胞腫には、良性のものと悪性のものがあるのですが、犬における肥満細胞腫は、ほぼ100%悪性です。
ロリスさんたちにおける肥満細胞腫が悪性である確率がどの程度かは、データが少ないため判断は「安牌をとる」というのが無難だと考えます。

もし良性のものなら「オデキが消えてすっきり」ですし、悪性のものなら早期発見早期治療が鉄則です。

手術は無事に終了。摘出した細胞を検査に出すかはまだ決定していませんが、良性であることを祈ります。
今回の早期摘出を可能にした要因は、一重に「飼い主さんの愛情!」です。
じっくりと日々観察しているから、異変にすぐに気付けるのです。

飼い主さんはある時こういっていました。
「この子が元気に長生きして欲しい。ただ、ただ、それだけを願っているんだ」と。

今日の術後、麻酔からぼんやりと目を覚ましたロリスさんは、みるみるうちに目が涙目になり、しまいには大粒の涙が両目からポロリとこぼれ落ちました。僕も妻も長くロリスを飼育していますし、麻酔や手術も経験がありますが、「ロリスの涙」は今回初めて見ました。

動物は痛みや苦痛にさらされても、普通「涙を流す」という行動はみられません。
身に覚えがないのに知らない所に居る上に顎も痛くて、心細くなったのでしょうか?
「おとうさぁん。。。」と飼い主さんを思って泣いているような表情でした。

人間の赤ちゃんのような動きや表情をするロリスたち。
涙を流すなんて、心の感じ方も人と似ているのだろうか。

スローロリスの上腕骨骨折

20160821

今回ご紹介するのは、骨が折れてしまったピグミースローロリスさんのお話です。

現在、比較的多く流通しているロリスは主に2種類あり、当院のスタッフでもあるスローロリスと今回ご紹介するピグミースローロリスです。
ピグミーは小さいという意味となりますので、スローロリスより少し体格が小さく、大人になってもだいたい500g前後にまでしかなりません。とても人気のある小型のおさるさんですが、ワシントン条約で飼育には制限がかかっており、非常に珍しいペットの一種となっています。

今回来院されたピグミースローロリスさんは10歳という、それなりに高齢のロリスさんで、ここ最近元気や食欲が低下しているということで来院されました。原因がわからないため、一通り触診や聴診など身体一般検査をしていくと、左の上腕骨をさわると右よりかなり腫れているのが分かりました。

こういうときは骨折、感染症、腫瘍などが疑われるため、まずはレントゲン検査を実施しました。その結果、上腕骨が骨折していました。
どうやら、保温のために使用していた湯たんぽの下敷きになったことがあるとわかり、その衝撃が骨折の原因となっていた可能性が考えられました。

このままでは骨がくっつかないことが多いので、できるだけ安静にて経過をみつつ、改善が無い場合も考えて手術の予定を組みました。

手術日当日。術前検査をして全身麻酔で手術に臨みました。まずは、骨の位置関係を確認するために、再度レントゲン検査を実施しました。そうすると、意外なことに、骨は順調に修復されているのが確認されました!!

手術は中止して、カルシウムなどの内服と安静で経過をみることに。

こういう風に何もしなくても勝手に治っていく動物を目の当たりにすると、動物の自己治癒力はすごいなぁと感心しつつ、僕らのやっていることのどれ位が実は治療ではなく無駄なことなのかなぁって思ってしまった症例でした。
(とりあえず、血液検査でも大きな異常はなく、元気になってくれたので良かった!)


指が腫れてしまったスローロリス

20151122

今回ご紹介するのは、指が腫れてしまったスローロリスさんのお話です。

左の指の中指が腫れているということで来院されたスローロリスさん。診察台の上で緊張して動けなくなって、警戒しながらも協力的に手を見せてくれました。

確かに、中指が腫れています。舐めてしまったのか皮膚があかくただれているようです。また、後ろ足の小指も先端が腫れているようです。

検査の結果、細菌感染が疑われました。

抗生剤の注射と1週間の内服を処方して経過をみることに。気にして舐めてしまうと、お薬でよくなるものもなかなか良くなりません。なので、舐めなくする工夫が必要になる事もあります。

今のところは順調に改善しているようです。このまま経過をみていきましょう!


スローロリスの外傷性皮膚炎

20160403

今回ご紹介するのは、脇腹が噛みちぎられたスローロリスさんのお話です。

当院のちっちちゃんともんた君の間に赤ちゃんが産まれた事をFacebookでご報告しましたが、それまでにいろいろあったこともお伝えしました。その具体的な内容を知りたいということだったので、今回は簡単にお話ししたいと思います。

ちっちちゃんともんたちゃんが初めて対面したのは、約1年前でした。最初はお互いに警戒しながら同じケージ内ですごすようになりました。ケージ内は一緒でも、寝床のハンモックは別々という日々が続きました。

もともと、もんた君のケージだったのですが、その中にちっちちゃんが入ると、もんた君が追いやられるように隅っこで小さくなって寝ているようなこともよくありました。もんた君用のご飯もちっちちゃんに取られていました。

「うまくいってないのかなー」って思いながらもう少し様子をみてみたある日。
もんた君の脇腹が大きくえぐれているではありませんか・・・。
ちっちちゃんにやられたようです。自分を慰めるように直径2cmほどの大きな傷を自分で舐めていました。

こうなると、別々のケージにしないと命に関わるようなより激しい喧嘩に発展しかねません。でも、もしかしたらこの傷は・・・

スローロリスは発情時に、雄は雌を襲って力づくで交配することが一般的です。より強い雄しか自分の子孫を残す事が出来ないシステムなのかもしれません。ただ、そのときに返り討ちにあうこともあり、今回の傷はその可能性が考えられました。

それから約4ヶ月。傷も完治して、やがて元気な赤ちゃんが産まれました。
今では、家族3匹で一緒のハンモックで寝ており、甲斐甲斐しく子育てに勤しんでいるようです。